2009年11月01日

ハロウィン’09

当然英語圏ほど騒がないまでも、ニューカレでも恒例行事となってきたハロウィン。

うちの3軒先の「サンタの家」を毎年披露してくれる家が、去年から「ハロウィンの家」にも化けるようになりました。今年は新聞の記事にもなっていましたが、それによると、この家の住人であるご夫婦、3月ぐらいから奥さんが考案、その後旅行に出てオーストラリアなどから必要な人形や装飾品を仕入れる。9月ぐらいになると、家の中はそれらの衣装やら仕掛けやらの細工の為のアトリエ状態。

そして、去年から10月31日〜11月2日ぐらいまで「ハロウィンの家」となり、
12月1日〜29日ぐらいまでは「サンタの家」として公開。

普通の家の様相に戻るのは1月中旬だそうです。

今年は長男の気合が入って、朝から仮想用グッズを探しに。

その結果がコレ↓。左は友達。真ん中が長男の優馬。右が魔女っこ(?)美駒。happy halloween.jpg

その「ハロウィンの家」ですが、クリスマス同様、プロのカメラマンが装飾をバックに写真を撮ってくれます。その為に優馬とその友達がカメラマンの前に立ってるのですが、顔が見えない仮装の為、すっかりまわりのお化けたちに同化しててげっそり〜 わかりますか?1枚目を参考にすればわかるかな。優馬が持ってる血みどろのナタが写真写りのせいでまた妙にリアルがく〜(落胆した顔))血はマジックで塗りました〜 SANY0405.JPG

これが装飾品だけの「ハロウィンの家」↓
SANY0406.JPG

そして動画↓最後に出てくるおじさんとおばさんがこの企画者さんです。 http://www.youtube.com/watch?v=qGWcm5XOMz0
posted by masako/philotours at 23:02 | Comment(4) | 日記