2011年09月01日

第14回オセアニア・オリンピック

今年はニューカレドニアが開催地となった、オセアニア地区だけのオリンピック「Jeux de Pacifique」。
2011年8月27日から2週間の間、タヒチやソロモン諸島、グアム、サイパン(北マリアナ諸島)、トンガなど22カ国が参加。選手村はニューカレドニア大学の校舎です。

ニューカレは四国と同じぐらいの面積だから小さい島ですが、それでも他に比べるとオセアニアの中では大きいほう。しかも他に比べて白人が多く混ざってる国ですね。当然参加選手の人数も世界のオリンピックでいうと、アメリカみたいなものです。やはり獲得メダル数も一番。

フランス領ニューカレドニアですから、この開会式にはサルコジ大統領が開会宣言のため来島です。
もうニューカレドニアは大騒ぎ。9月にいつも学校の2週間休みがあるのですが、このオリンピックに合わせてずらしてお休みになりました。この1ヶ月前からニューカレドニア全土を聖火が走りめぐりました。
といっても本当のは最初と最後だけ。
走り回ったのはプラスチックの真っ赤なナンチャッテ炎です。このナンチャッテ炎になった理由、オリンピック主催者やら聖火ランナーたちが言い訳&正当化してるのがちょっと笑っちゃいます。
・言い訳その1>聖火ランナーは子供も参加。小さい子でも安全に聖火を持てる。
・言い訳その2>雨でも風でも大丈夫。
・言い訳その3>本物の火、しかも消えないようにするには莫大な費用がかかる。オリンピック主催者に問い合わせて引いたらしい・・←これが一番の理由か?!

というわけでナンチャッテ聖火がニューカレドニア全土をかけめぐったわけですが、それを追ってると普通日本人観光客が訪れない田舎でニューカレらしい人と風景が見れるので、ちょっと抜粋してアップしてみました。「聖火ランナー」といいますが、「走る」以外にニューカレらしい移動手段がいっぱい!
その聖火があちこちニューカレドニアをめぐった時の映像です↓

http://www.youtube.com/watch?v=l_cZ249F_EE

http://www.youtube.com/watch?v=lBqqk0DvnBc

http://www.youtube.com/watch?v=1PlfD9NEVug

http://www.youtube.com/watch?v=ua--OLn7K0w&feature=relmfu

http://www.youtube.com/watch?v=VzP-axcFkuM&feature=relmfu
posted by masako/philotours at 21:38 | Comment(0) | ニューカレ雑事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: